株は低金利時代にピッタリの資産運用方法です。

ポピュラーになった株式投資

2000年以前まで株はまだ一部の人がする資金運用方法でした。

当時は一般の人が証券会社のドアを開けるのは勇気が必要なほど一般の人には敷居が高いものでした。

一番の理由はある程度まとまった資金が必要だったことと、株に関する情報が簡単に手に入らなかったことが要因です。

また、株をやって大損をしたとか一家離散の目に遭ったなど、悪いイメージがする噂が実しやかに流れていたこともあります。

しかし、時代は変わりました。

今ではごく普通の人が株をやる時代になっています。

普通の人と言いますと、やはり会社員などといった経済に詳しい人という感じがしますが、今の時代は本当に普通の人でもできるようになっています。

その中には専業主婦まで含まれています。

昔では考えられませんが、現在は専業主婦でさえ気軽に株を行うことができます。

もっと縁遠い感じがするいわゆるフリーターの人でさえ行っています。
数年前はその中の一人が高額の収入を得て注目を集めたりもしています。

億単位のお金を得ていたそうですから、すさまじい成功です。

このように本当にいろいろな人が始めていますが、それを可能にしたのは環境です。

誰でも「気軽に」売買をすることができる環境になっていることが大きな要因です。

相場の動向の把握などプロの目から見た市場分析の見解が聞けたりもします。
(引用:株エヴァンジェリスト

具体的にはインターネットの普及です。

1995年windows95の登場によりインターネットが一般の人の生活に中に入ってきました。

このことにより誰でもが売買をすることが可能になったのです。

ネット証券が影響を与えた

先に書きましたように、証券会社のドアを開けるのは勇気が要りますが、インターネットではクリックするだけで売買に参加することができます。

また、ネット証券会社が登場したことも大きな要因です。

それまでは大きなお金を持っている人だけを顧客を考えていた証券会社に比べて、ネット証券会社は小口のお金で売買するお客様を対象にする企業経営を行っていました。

つまり、素人でも簡単に参加できる環境が整ったことになります。

あと一つ大事な要因として社会状況の変化があげられます。

1990年代半ば頃まではお金の運用は預貯金で行うのが常識でした。

しかし、低金利が続いたことにより「預貯金から投資へ」と政府も背中を押すような政策をとるようになっていました。

例えば、税金を安くしたりなど普通の人が投資を行いたくなるような政策をとったのです。

確かに、預貯金のように必ずお金が増えるわけではありませんが、リスクを理解しているなら投資は低金利時代に相応しい運用法です。