全保連を利用すると双方にとってメリットがあります

物件探しについて

アパートなどの賃貸物件に住むことが必要になった際には、対応している不動産会社に問い合わせをして物件探しを行うことになります。

気に入った物件を見つけることができた際には契約を結ぶことが必要ですが、その際には保証人を立てる必要があります。

連帯保証として契約者以外の方が存在していることでスムーズに契約を結ぶことができますが、現在ではそれとは別に全保連などを利用することも一般的に行われるようになりました。

・全保連の役割

全保連の場合では例えば家賃を滞納してしまった際にも入居者の代わりに家賃を支払ってもらうことができる会社になるので、不動産会社や貸し主にとって非常に安心できるシステムとして使うことができます。

単に滞納している場合では保証人に連絡をして支払ってもらうことも不可能ではありませんが、その際には多大な時間と経費が掛かってしまう可能性も否定できません。

また、不動産運営を行っていると時には夜逃げをしてしまう方が存在していることも事実として挙げることができ、家賃をスムーズに回収することができない状態に陥ってしまうこともあります。

この点に関しては全保連と契約する方法で家賃に関してのトラブルは回避することができるので、貸し主側が安定収入を得ることにメリットを感じることができます。

入居者側に関してもメリットを感じられる場合がある

一方で借りている入居者側に関してもメリットを感じられる場合があります。

例えば保証人を用意することができない方でも全保連を利用することで契約を結ぶことができたり、失業などをしてしまって家賃の支払いが滞ってしまった際にも会社側が一時的に家賃を補填してくれることになり、後に保証会社に別の方法で分割払いなどを行うことも不可能ではありません。

そのため、無理な支払いが要求されることなく住み続けることにも向いている方法として使うことができます。

・全保連加入必須の物件も増えてきている

このサービスは現在では多くの賃貸物件に適用されている保証会社のシステムになるので、加入することを前提としている物件が多数あります。

経費が必要とされてしまいますが、貸し主と借り主の双方が円満な生活を送ることについては、非常に活躍できる会社として利用できるので、全保連の存在は便利で大きなものになります。

信用度というものが賃貸物件では大切にされていますが、このような会社に加入して契約するような物件の場合では比較的審査の緩い物件として利用することができるメリットも持ち合わせているので、双方にとって十分なメリットはあります。

入居者を確保したい側と住む家を探している方にとって役立つ会社です。

 

関連動画

全保連CM