キャンパスが広い武蔵野音楽大学

武蔵野音楽大学は歴史と伝統があり、日本の音楽大学の中でも知名度や人気が高くて入学希望者も多いことで知られています。

キャンパスは練馬区の江古田と埼玉県の入間にあり、1~2年生は入間で学んで3年生からは江古田に移る仕組みです。

入間キャンパスは西武池袋線で行くことができて、自然が豊かなエリアなので周囲の景観や空気もよく、構内で散歩ができるくらい広々としているので自由な雰囲気の中で学べて、芸術家にぴったりです。

独自のコンサートホールを備えていてオーケストラの演奏会やパイプオルガンのコンサートもできるほどで、女子寮や男子寮、たくさんの練習室なども全てキャンパス内にあって便利に勉強や生活ができます。

江古田キャンパスは池袋から数駅の便利な場所にあり、都心なのに落ち着いた雰囲気の中で授業が受けられます。

歴史的な楽器を展示した博物館や大量の楽譜や蔵書がある図書室、オーディオ室、大小のコンサートホールなどが併設されていて、学生だけでなく卒業生や一般人も利用することができます。

学内では選抜された在校生によるコンサートのほかに、国内外の有名音楽家や演奏団体を招いて行われるコンサートも頻繁に開催されるので学生は常に質の高い音楽に触れる機会があります。

講師も現役のピアニストやオーケストラの団員、有名な作曲家などが揃っていて、海外の客員教授も多いのでまるで留学したようなレッスンを受けることができます。

専攻できる科目はピアノや管楽器、バイオリンなどの弦楽器、声楽、指揮や作曲に加えて音楽教育もあるので学校の先生を目指す人にも向いています。

それぞれ専攻科目の実技レッスンがあるほか、和声やソルフェージュ、音楽理論や音楽史など音大独特の専門科目に加えて一般教養として英語やドイツ語、1年生は体育、パソコンなどの授業もカリキュラムに含まれています。

広くて設備がよいキャンパスで勉強できる武蔵野音楽大学ならしっかり音楽家への道を踏み出せます。