カテゴリー別アーカイブ: アルバイト

飲食店のバイトが人気の理由をアンドモワの人に聞いてみた

大手居酒屋チェーンアンドモワに学ぶ!

春に向けて新しくバイト探しを始めた方も少なくないはずです。
今回は、変わらず人気のある飲食店でのバイトは、なぜ人気なのかに迫ります。

まずはその「入りやすさ」です。
専門職と異なり、資格なども必要なく未経験・初心者でもできる仕事、という面で人気です。

仕事内容も、実際に飲食店に食べに行くと分かりますが、お客様が来店されたらオーダーを聞いてキッチンに伝え、料理やドリンクをお席まで運び、簡単な料理説明が入るお店もありますが、あとは追加のオーダー対応かレジ対応。

見えない部分だと、食器洗いや簡単な盛り付けなども担当するところもあるようです。

キッチン担当になると、調理がメインになります。
なので、入る前からおおよその仕事内容の予測がつくので、「自分にもできるかもしれない」とまずハードルがぐっと下がるのも人気のひとつです。

・人間関係がやはり大切

どんな職種にせよ、バイトを続ける上で大事なのは労働環境ももちろんですが「人との関係」が重要な要素です。
特に飲食店の場合、接客の仕事で他のスタッフとの連携が不可欠な仕事です。
仲が悪かったり雰囲気が悪くては、仕事もスムーズにいかずそんな空気はお客様にも伝わってしまいます。

そして、「何だかこのお店、雰囲気が悪いな」と客離れの原因にもなってしまうからです。
なかなか入る前から人を見極めるのが難しいですが、お店選びの段階から少し気を付けて見ておくだけでも違ってきます。

その点、この飲食店については、自分と同じ年代、同じ環境、同じ状況の人たちが働いていることが多い傾向にあります。
例えば、平日のカフェのランチの仕事なら学生さんよりは主婦さんが比較的多いはずです。

それもそのはず、その人の生活リズムに合っているからです。
なので、土日の夜のアンドモワの居酒屋さんの仕事なら、主婦ではなく学生さんの方が多いはずです。
学校が休みで日中遊んで夜はバイト、なんて予定の方も多いようです。

自分と似た環境の人なら、その状況それぞれの悩みや相談事なども話しやすいのが良いところです。
なかなか学校では、すぐに噂が広まってしまいそうで言えない恋愛の話などを、バイトが一緒の子なら学校が違うので話しやすい、なんてことも少なくないです。

主婦さんでも、同じ住宅のコミュニティの中だと近すぎて話しにくい家のことや育児の相談などを、同じバイト先の主婦さんには気軽に話せる、ちょうど良い距離感が大事です。

・お客様からのクレームは成長のチャンス!とアンドモワは言う

良いことはあるけど、悪いところもあるのでは?という声もありそうです。
悪いところ、と言えど飲食店での仕事に関係なくすべての仕事において発生する可能性のあることですが、クレームです。

特に飲食店のケースで言うと、「料理について」「接客について」のクレームが多いようです。
簡単な例を言うと、ラーメン屋さんでラーメンを頼まれた方から「髪の毛が入っている」とクレームを受けること。
他にも、「ラーメンが冷めている」「麺がのびている」などいろいろありますが、人によってもその感覚は様々。

ある人にとっては「熱い」と感じるものを、その人は「冷めている」と感じる場合もあります。
線引きが難しいところではありますが、ほとんどのお店ではそういったクレームがあった場合、すぐさま謝るとともにもう一度新しいものを作る、という対応がメジャーなようで、アンドモワ系列もそうしているようです。

接客についてのクレームでいうと、「あのスタッフの接客態度が傲慢」「敬語ができていない」「声が小さい」など、こちらもさまざまな内容があります。
自分ではそうやっているつもりでも、相手からは全く違うように受け取られてしまっている、ということも、よくある誤差です。

基本的にお店に来て食べに来て下さる方には、楽しく居心地良く過ごしてもらう、ということが大前提であるので、もし何か自分のことで指摘をされた場合は素直に受け取り、一度自分で飲み込んでみるのが吉です。

もちろん、簡単に言われても難しいことですが、そこで「じゃあもういい」と投げ出してしまうより、苦しいけど自分のためだと思ってその問題とまっすぐ向き合ってみるのとでは、成長の度合いが明らかに変わります。

自分はやってるつもり、という思い込みは、きっと社会に出てから自分を苦しめてしまう原因になるからです。
せっかく指摘してくれる人がいる環境をラッキーだという考えに転換し、自分をどんどん磨いていくイメージで、そんな指摘を快く受けられるようになれば、それは本当に大きな成長です。

・まとめ

なぜ人気なのか、だいたいイメージはつきましたでしょうか?

実際仕事探しをする上で大事なのは、自分とのフィーリングです。
もちろん中には接客や人と接することが苦手、という人もいます。

そういう人は、作業系や工場での製造のお仕事などが向いているかもしれません。
当然、その仕事ごとで学べる内容、得られる知識や技術は異なりますが、成長することに変わりはないです。

何が一番自分に向いているのか、しっかりと向き合って考えて、長く続けられる仕事を見つけたいものです。