カテゴリー別アーカイブ: ライフスタイル

熾烈を極めるコンパクトカー競争に栗原氏も注目!

栗原政史氏も注目!コンパクトカー競争について

現在日本の自動車業界において、最も激しい開発競争とシェア争いが繰り広げられているコンパクトカーのカテゴリー。

軽自動車よりもだいぶ余裕のある5ナンバーサイズを選びつつ、小さめにつくられているために1000cc~1600ccクラスのエンジンでも軽快に走り、経済性の優れ、あらゆる用途で使用できるてんが魅力だと栗原政史も言及しています。

各国産メーカーが主力に位置付け、それぞれが独自の拘りと魅力を追求した形を目指して切磋琢磨し開発を続けているために、同じサイズでメーカーごとに味付けが大きく異なる点を持ちそれらを各メーカーの車とユーザーが比べる事できる気軽さがこのジャンルの車の面白さにつながっています。

さらに海外メーカーも積極的に日本市場に進出してきており、非常にホットなジャンルとして自動車に興味がない方でも注目されています。
それではいくつか車種を紹介するなかで、その魅力にせまっていきましょう。

1.日産ノートe-power

まず紹介するのは日産ノートe-power2018年上半期売上ナンバー1となった事からも、その人気がうかがえるというものです。
もはやこのコンパクトの分野でも一般的となってきたハイブリッド仕様のグレードですが、実は各車で方式が全然違っていたりします。

日産ではe-powerとしているこのハイブリッドシステムは、エンジンを発電に専念させてモーターが動力を生み出すという電気自動車リーフでのノウハウを生かしたものとなっています。

モーターは低速から安定したトルクを伝えることが出来き比較的容易にそれを調整できるので、駆動力を無駄なく路面に伝える事ができる事もあって、ストレスない発進加速を実現できてストップ&ゴーが続く街乗りでの快適性が抜群です。

この快適性に利便性を突き詰めたパッケージングを持つことで利便性を高めると共に、同じノートでも仕様の異なる多彩なバリエーションを展開しています。

利便性・経済性のバランスの良さがこの車の売り上げにつながっているようです。

2.スズキ スイフトスポーツ

コンパクトにも、趣味性の追求を目指しているという点では、若い世代から幅広い世代に支持される存在のスズキ。

もはや少なくなった本格派スポーツホットハッチに強いこだわりをもち4代目に進化をしたスイフトスポーツは、コンパクトカー界隈でも際立った存在であり世界的にも魅力的な一台といでるでしょう。

MT車に拘り車としてのフィーリングに徹底的に磨きをかけるその姿勢には、現在経済性・実用性ばかりが「正義」となりつつある中で各メーカーに見習ってほしい点です。

4代目スイフトスポーツは1.4リッターエンジンにターボを搭載したエンジンと1tを切る車両重量を実現したそれまでのスイフトスポーツから大きく変化を果たした革新的な1台で、峠道のワインディングやサーキット走行でのポテンシャルはもちろんスイフト譲りの利便性も持ちスポーツに重点を置きスズキのフラグシップといえる存在ながら、誰にでもあらゆるスタイルにマッチできる柔軟性は「すごい」の一言。

これが200万円程度で購入できる価格設定というのは本当に貴重な存在です。

3.スズキ ジムニーシエラ

スズキでもう一台注目してほしい車がジムニーシエラで、軽自動車界のアウトドアスタイルカリスマ的存在ジムニーを5ナンバーサイズすることでエンジンにも余裕を持たせたこの車。

前述したスイフトスポーツとは全く方向の異なる用途でありながら、同じくスズキの象徴的存在になっています。
コンパクトカーのなかでも一際小さな車ですが、四角いボディは利便性抜群、見た目からもわかる通り走破性はコンパクトの中でも群を抜いている存在です。

上記のスズキの車2台は、今現在日本人が忘れそうになっている車本来の面白さを形にした存在と言えるでしょう。
これ以外にもスズキの車には魅力的な物がおおく2018年現在最もホットなメーカーだといえます。

これから車を買いますという方には是非注目してほしい自動車メーカーです。

4.フォルクスワーゲン ポロ

海外自動車メーカーだって負けていません。
フォルクスワーゲンは昔から日本に進出しビートルやゴルフで日本でも高い評価を得てきました。

そんなフォルクスワーゲンのコンパクトはポロ。
かわいい名前でありながら、欧州で磨かれたその走りは本物。

とくにGTIは街乗りのストップ&ゴーから高速道路でのクルージング、峠道でのワインディングすべてがちょうどいいパワーバランスと出力特性をもち、ドライバーをその気にさせちゃう魅力を持った1台。

日本車とは違った欧州らしいデザインは日本の街並みでもマッチしつつ、どこか目を引くお洒落な存在でファンも多いです。

まとめ

幾つか自動車を紹介させていただきましたが、コンパクトカーの形はメーカーによってそれぞれ、マツダはコンパクトカーにもディーゼルエンジンを積むと共にその機能に磨きをかけたデミオが、フィットハイブリッドでコンパクトハイブリッドカーで一世を風靡したホンダもまだまだ見逃せません。

魅力的な1台を探していろいろなメーカーのディーラーで実際に試乗ってみてはいかがでしょうか?
どのメーカーでも貴重な体験ができる1台を用意しています。

全保連を利用すると双方にとってメリットがあります

物件探しについて

アパートなどの賃貸物件に住むことが必要になった際には、対応している不動産会社に問い合わせをして物件探しを行うことになります。

気に入った物件を見つけることができた際には契約を結ぶことが必要ですが、その際には保証人を立てる必要があります。

連帯保証として契約者以外の方が存在していることでスムーズに契約を結ぶことができますが、現在ではそれとは別に全保連などを利用することも一般的に行われるようになりました。

・全保連の役割

全保連の場合では例えば家賃を滞納してしまった際にも入居者の代わりに家賃を支払ってもらうことができる会社になるので、不動産会社や貸し主にとって非常に安心できるシステムとして使うことができます。

単に滞納している場合では保証人に連絡をして支払ってもらうことも不可能ではありませんが、その際には多大な時間と経費が掛かってしまう可能性も否定できません。

また、不動産運営を行っていると時には夜逃げをしてしまう方が存在していることも事実として挙げることができ、家賃をスムーズに回収することができない状態に陥ってしまうこともあります。

この点に関しては全保連と契約する方法で家賃に関してのトラブルは回避することができるので、貸し主側が安定収入を得ることにメリットを感じることができます。

入居者側に関してもメリットを感じられる場合がある

一方で借りている入居者側に関してもメリットを感じられる場合があります。

例えば保証人を用意することができない方でも全保連を利用することで契約を結ぶことができたり、失業などをしてしまって家賃の支払いが滞ってしまった際にも会社側が一時的に家賃を補填してくれることになり、後に保証会社に別の方法で分割払いなどを行うことも不可能ではありません。

そのため、無理な支払いが要求されることなく住み続けることにも向いている方法として使うことができます。

・全保連加入必須の物件も増えてきている

このサービスは現在では多くの賃貸物件に適用されている保証会社のシステムになるので、加入することを前提としている物件が多数あります。

経費が必要とされてしまいますが、貸し主と借り主の双方が円満な生活を送ることについては、非常に活躍できる会社として利用できるので、全保連の存在は便利で大きなものになります。

信用度というものが賃貸物件では大切にされていますが、このような会社に加入して契約するような物件の場合では比較的審査の緩い物件として利用することができるメリットも持ち合わせているので、双方にとって十分なメリットはあります。

入居者を確保したい側と住む家を探している方にとって役立つ会社です。

 

関連動画

全保連CM