カテゴリー別アーカイブ: 教育

自己啓発もコストパフォーマンスで考える必要がある

浦壁伸周が語る自己啓発的哲学

昔は自己啓発というとなんでもかんでも良い事のように考えられる風潮があってそのため、どれだけお金を賭けても自己啓発の為なら良いという考え方がありましたが、これからは自己啓発もコストパフォーマンスで考える必要があるといっても良いでしょう。

時代は資格社会といわれるぐらいに資格が重要視されるようになっていて、資格を取れば何でも出来るかのように考えられる節がありますが、実はそんなことはなくて、取得する資格によって活用できる事も様々と言っていい状態です。

別に自己啓発が資格を取得することだけとは限りませんが、何をするにしても目的とその効果を明確に考えて、それにかかる費用と時間を考えてする必要も出てきているといっても良いはず。

まず、考えないといけないのは今は成果主義というとにかく成果を数字で出して評価される時代になっているということだと、専門家の浦壁伸周(うらかべのぶちか)は言及しています。
昔のように人脈やコネはほとんど通用しないようになってきているという考えても良いでしょう。

それでもまだ、一部にはこうしたものがある事はありますが、基本的には成果主義が浸透したと考えても良いかも。
学歴社会は依然としてまだまだありますが、これからそれも薄れていく事になる事は必至でしょう。

成果主義の時代にどう考えるか?

これから重要視されるは成果が出せることであり、ある意味では資格のようなものという事になっていく事が予想されます。
ただ、ここで注意が必要なのは資格が大きな力を発揮するのは、普通の人では取れないような難関の資格を持っている時だけの事であって、別にどんな人でも獲得できる資格にはそんなに価値は無いという事になる。

もっとわかりやすく言えば、簡単な資格には別に興味も示されないという事になってしまっているという事があるわけです。
既に今の世の中には考えられないほどの資格が存在するようになっていて、意味も分からないものを取得しても評価されることはありません。

資格がある事でマイナスとなる事はほとんどありませんが、せっかくお金も時間もかけて取得したものが全く評価されないというのであれば、その時間と費用が無駄になるという事ですから、これは勿体ない事をしているといっても良いはず。
単に趣味でやっているだけというように考えられては全ての行動が無駄になったということになってしまいます。

資格取得の際に意味や使い道をしっかり考える

このような事を避けるには、資格取得を考える時にどれだけの意味があるのかを明確に考える事が必要でしょう。
資格は獲得することに意味がある物に絞るというのが一番大切な事という事になります。

ただ、例外も無きにしもあらずで、意味も無い資格でも数多く集めると、自分の器用さをアピールすることが出来るという事はありますから、こうした効果を狙うというのであれば、それはそれで意味を持つようになる。このように資格取得をその意味とそれにかかるコストと時間を考えてする必要があるという事になります。

つまりコストパフォーマンスで考える必要があるということです。

この事をあまり考えていない人は実はかなり多いようで、こうした人がたくさんいるからこそ、資格ビジネスというものが成り立っているといえるはず。
資格ビジネスは必要な人にも不要な人にもとにかく資格取得をさせることで、それが活用できるかどうかは本人の才覚次第という姿勢で資格取得を薦めるというモノです。

これが横行しているからこそ、今の日本には考えられないほどの資格が出てくるという事になってしまっているわけ。

資格を取得するというとさもすごい自己啓発をしているかのようなイメージを作っているわけですが、それは個人の事を考えてというのではなく、凄い事が出来るようになるというイメージを作り上げてお金を出してもらおうというビジネスだからという事を考えておく必要があります。

自分の能力をアップさせることの意味とは?

自分の能力をアップさせるという事は、ある意味では簡単ですが、ある意味では難しいという事は常に考えておく必要がある。
特に仕事で使えるようなものという事になると、その技術や知識の取得というのはとても難しいものとなると考えて間違いありません。

何故なら、それを取得できれば全員が自分の仕事の技術を向上させることが出来るようになるわけですから、そのようなものが簡単に入手出来るはずがない。そう考えると資格取得で自分の人生が一気に変わるというような事はとても難しい事だという事も分かるはずです。

確かに入手困難で試験にほとんどの人が受からないというような難関資格は取得すればそれだけで生活保障されたに近いようなものもありますが、そのような資格は本当に取得困難ですし、それにかける時間も半端なものではまず取得できないと考えていいでしょう。

ですから、そのようなリスクを考えてその資格を取得する学習をするのかどうかは検討する必要があるはず。
逆に誰でもすぐに取得するような資格の場合はそのようなものを取得して意味があるのかどうかを考える必要がある。つまり、コストパフォーマンスを常に考える必要があるわけ。

東日本では1番人気、「法政大学」はどんな大学?立沢氏が解説

立沢賢一氏を排出した法政大学

「法政大学」は、明治時代の1880年に設立された「東京法学社」、1886年設立「東京仏学校」を前身とした私立大学です。
元々はフランス法系の教育を行う私立法律学校として設立されたもので、現在ある私立大学の中では最も古い歴史がある「法学部」を持つ学校となっています。

>>立沢賢一

1984年に有名な立沢賢一氏も法政大学の法学部法律学科を卒業しています。

同様に「社会学部」も日本では初めて、「経済学部」「経営学部」は日本では2番目に設置されるなど、数多く伝統ある学部が設置されています。
さらに大学にて「通信教育」を行ったのも日本では初めてです。

1903年に行われた専門学校令に基づき名称を現在の「法政大学」と改めました。校風である「自由な学風と進取の気象」をもとに、主体的・自立的・創造的に新時代を構築できる人材を育成することを目指した教育活動を行っています。
スクールカラーはオレンジと青を基調としたもので、これは「太陽」と「青空」をあらわしたものです。

多くの学生が通う市ヶ谷キャンパス

多くの学生が通うのは、東京千代田区に位置する「市ヶ谷キャンパス」です。
主に法学・文学系学部が設置され、付近には皇居や靖国神社などがあり、緑も多く残る落ち着いた雰囲気をもつ環境となっています。

他にも、経済学部・スポーツ健康学部などが設置された「多摩キャンパス」、情報科学部や工学部など理系学部等が設置された「小金井キャンパス」、全3つのキャンパスを持つ大学です。

海外から非常に高い評価を得ている大学で、世界的大企業のCEO輩出ランキングにおいても日本の大学内では9位となっています。
留学や海外派遣制度が多彩に用意され、海外への留学者数も国内全大学中第4位と、充実した国際教育への取り組みを行っている点も大学の特徴です。

海外交流を行っている大学も多数あり、2017年の段階で全世界39カ国、233大学・機関と協定を結ぶなど、活発な交流も行っています。
最近では文部科学省が進める「スーパーグローバル大学」にも採択され、より国際性色の強い大学となりつつあるようです。

2017年には大学志願者数が東日本では1位に

現在、法政大学は非常に人気の大学となっています。
高校生を対象として行われた大学イメージランキングでは常に上位に入り、2017年には大学志願者数が東日本では1位(全国では近畿大学に次いで第2位)。

大学志願者は2016年に10万人を突破、2017年には12万人を超えています。
こうした志願者数増加の背景には、女子の志願者数の大幅な増加があるといわれています。

実際1997年には1万3410人程であった女子志願者数は、2017年には4万1158人に増加、志願者数全体の女子割合も約22%から約35%と大幅に上がっており、こうした点が人気を支える一つの要因となっているようです。

なぜこれほど女子学生の志願が増えたのか。
それにはいくつかの要素が考えられますが、その1つが市ヶ谷キャンパスに建てられた地上27階、地下2階のタワー型校舎「ボアソナード・タワー」設置等の改革により、女子学生がくつろげる空間を多数提供したことです。

また2014年には大学では初となる女性総長が就任したことで、男性主体であった大学イメージを払拭できたことも大きな要素だと考えられています。
さらに女子学生に多い「留学志向」が、留学支援や海外交流などグローバルなキャリア形成に関する取り組みを盛んに行ってきた大学の国際性とぴったり合致したことも挙げられるでしょう。

長期ビジョン「HOSEI2030」を進行中

現在、法政大学はさらなるイメージアップを推し進めており、2030年に迎える大学創立150年に向け、長期ビジョン「HOSEI2030」を進行中です。
これは現在の急激に変化する社会環境の中においても持続的かつ長期的な大学運営を行っていくための、長期目標となるものです。

その一環として16年に発表された「大学憲章」のなかでは「自由を生き抜く実践知」という宣言がなされており、地球社会全体の問題解決に貢献する本大学の社会的使命を改めて強調しています。

長期的ビジョンの中では、3つの分野「教育」「研究」「社会貢献」に対してそれぞれビジョンを設定。

「教育のビジョン」では主体性や創造性、実行力等をもった人材の育成を目指すこと、「研究のビジョン」では地球社会の構築に関する基礎研究を基に新しい実践知の創造と提唱を目標に質の高い研究を行っていくこと、「社会貢献のビジョン」では社会全体の市民教育に貢献し民主的で強い社会の創造を支えること、などがそのビジョンとして設定されています。

さらに法政大では「ダイバーシティ宣言」もなされており、その中では性別や国籍、人種、民族、宗教、障がい、性的少数者などを理由とした差別をなくし、そういった個性の違いをお互いが尊重、多様な個人がそれぞれの個性をのばし、社会で活躍できる人材となるための学びの機会を提供することを宣言しています。

こうした多種多様な人材を集めようとする取り組みも、現在の法政大学の人気を支える要因の一つとなっているのかもしれません。